葬儀での挨拶とは

葬儀の受付での挨拶と作法

葬儀の受付での挨拶の仕方

葬儀に参列する場合には服装や立ち居振る舞いなどについて様々なマナーがありますが、最初に行う行動は、受付での挨拶です。受付では一礼して、「この度はご愁傷さまでございます」と言います。芳名帳があれば住所や氏名を記入します。持参した香典をふくさから出し、担当者に両手で渡します。葬儀は亡くなられた故人を悼んで冥福を祈り、遺族を慰める場です。通常の挨拶は、明るく元気よくが基本ですが、お悔やみの場においては、悲しみを表すために、静かに落ち着いた声と表情で言います。心を込めて参列するように心がける必要があります。

葬儀の受付での挨拶とは

葬儀に参列するときは、まず受付に向かいましょう。受付にいる係の人に一礼し、「このたびはご愁傷さまでございました」とお悔やみの挨拶をするのが基本です。言葉にならない場合は、深く礼をするだけでもかまいません。香典は、係の人に渡すタイミングでふくさから出します。香典をむき出しのまま持っておくのはNGです。ふくさを手早くたたんでその上に一旦香典を自分の方へ向けて置きます。それから香典を180度回転させて、「ご霊前にお供えください」と言って両手で渡します。会葬者名簿があれば記帳して、「お参りさせていただきます」と一礼してから葬儀会場へ入りましょう。

葬儀における挨拶基本情報

新着情報

↑PAGE TOP